電車でGO!Windows版や鉄道模型ゲームを手がけた株式会社アンバランスの新鉄道プロジェクト
「銚子鉄道を応援しよう!」開発日記
銚子電鉄のサイトはこちらから!
行こう。銚子電鉄。
 2010年11月18日

「銚子電鉄を応援しよう!」が無事発売され、
今はできるだけ多くの人にプレイして頂きたいと願うばかりです。
 
「銚子電鉄を応援しよう!」は、銚子電鉄にとって大きな変化があった時期に開発されました。
銚子電鉄で30年近くも走ってきたデハ701、デハ702、デハ801が引退し、
悲願の新型車輌デハ2000形、クハ2500形が運行を開始しました。
このことは、「銚子電鉄を応援しよう!」の開発にあたって
各車輌に対する思い入れを深くする要因となりました。
引退を控えた車輌が大きな音を立てて走る姿や、
仲ノ町駅の車庫で夕日に照らされながら佇んでいる姿は、
どこか寂しげに見えましたし、潔くも見えました。
新型車輌が運行の開始を待つ姿は、銚子電鉄の未来を担う
頼もしい存在として目に映りました。
それぞれの車輌にそれぞれの歴史やドラマがある。
そんなことを思いながら作業をすすめていました。
 
「銚子電鉄を応援しよう!」をプレイした方は、
ぜひ一度銚子電鉄を訪れて本物をみてほしいと思います。
潮風が心地良い銚子の街は、電車やレールにとっては過酷な環境です。
そんな環境の中で、地域の足として、また観光資源として銚子電鉄を守っている人たちがいます。
懐かしい駅舎と電車たち、今ならデハ701、デハ702、デハ801も迎えてくれます。
大正時代から走り続けている小さな鉄道があなたを待っています。

本日より先行予約受付を開始いたしました!
 2010年10月28日

本日より、当社の通販サイトにて「銚子電鉄を応援しよう!」の先行予約受付を開始いたしました。
先行予約でご購入されるお客様は、先行予約価格にてご購入いただけます。
商品の発送も、通常より早い11月8日に発送いたします。
 
近くにパソコンショップや、家電量販店が無いお客様、
「銚子電鉄を応援しよう!」を少しでも早く手に入れたいお客様は、是非ご利用ください。
 
「銚子電鉄を応援しよう!」の先行予約はこちらから承っております。
ご予約お待ちしております。
 
※11月12日をもって、先行予約の受付は終了いたしました。

発売まであと3週間!
 2010年10月22日

7ヶ月にわたって開発の状況を報告してきましたが、ようやく発売までこぎつけました。
「銚子電鉄を応援しよう!開発日記」を訪れていただいた皆様。
長い間、本当にありがとうございました。そして、お待たせいたしました。
 
発売日は11月12日、
店頭ではこのパッケージを目印にしてください。

お近くにパソコンショップや大手家電量販店が無い方は
当社の通販サイトで近日中に予約の受付を開始いたしますので、ぜひご利用ください。
 
発売まであと3週間!
あと少しお待ちください!

発売に向けていよいよ追い込みです
 2010年10月1日

発売が近づくにつれ、仕事もあわただしくなってきました。
タイトル名は正式に「銚子電鉄を応援しよう!」に決定。
発売日も11月12日に決まり、それに向かって動き始めています。
 
今は、パッケージやCD-ROMのレーベルデザインなど、
パッケージ化に必要なものの準備を着々と進めています。
ゲームの内容だけでなく、このあたりのデザインにも、
銚子電鉄の雰囲気が伝わるように心がけています。
 
「銚子電鉄を応援しよう!」の製品紹介ページも本日から公開します。
「銚子電鉄を応援しよう!」がどのように仕上がっているか、気になっている方も多いと思いますが、
1−2週間中にはデモ動画を「銚子電鉄を応援しよう!」の製品紹介ページ
掲載出来ると思いますので、楽しみに待っていてください。
 
ジオラマの方も出来上がってきていますが、
こちらは締め切りの最後の最後まで作業を続けて、
できる限り作りこんでいきます。
 
開発日記を公開し始めてから6ヶ月が過ぎましたが、ようやく発売にこぎつけました。
近日中に予約販売の受付を開始するようです。
準備ができましたら開発日記で報告しますので、皆さんよろしくお願いします。

前回の日記では背景の写真を載せましたが、
今回はその背景にジオラマを組み込んだ写真を掲載します。
 
さあ、追い込みだーッ!
 
「銚子電鉄を応援しよう!」製品ページはこちらからアクセス。

もっと銚子電鉄にこだわって
 2010年9月17日

「銚子電鉄に特化したゲームなんだから、
もっと銚子電鉄らしさを演出したい。」
 
これは「銚子電鉄を応援しよう!(仮称)」の開発が始まってから、ずっと思っていたことです。
いろんな制限がある中で、どうしたらより銚子電鉄らしさを演出できるか。
 
その答えは、銚子電鉄の風景をそのまま切り取る。ということでした。

写真は、CGで再現した銚子電鉄仲ノ町駅の待合室です。
ここに、今まで作ってきた鉄道模型を配置します。
 
銚子電鉄の風景をそのまま切り取って、
模型として再現した銚子電鉄と組み合わせることで、
銚子電鉄の醸す空気まで演出できるようになりました。
 
みなさん、発売を楽しみにしていてください。
 
さて、銚子電鉄では9月23日木曜日(祝日)に
デハ801とデハ701のさよなら運転が行われるようです。
木製の床や、走行時のモーター音や振動が、
無骨ながらもどこか温かい、素敵な電車たちのさよなら運転です。
興味のある方は、是非銚子電鉄を訪ねてみましょう!
詳しくは銚子電鉄のホームページをご覧下さい。

古い記事を読む 最初から読む